朝キャバ・昼キャバには興味があるけど、「実際働きに行くとなると中々踏み切れない…」という方も多いのではないでしょうか。
特に未経験の方の場合、ナイトワークに飛び込む不安もあると思いますが、収入に関する不安が最も大きいと思います。
ですので、この記事では朝キャバ・昼キャバの収入に関する情報をお伝えしちゃいます!

1.夜のキャバクラとの比較

朝・昼キャバのお仕事内容は、夜のキャバクラと全く同じものですが、時給には違いがあります。
やはり朝キャバ・昼キャバの方が、夜のキャバクラよりも時給が低いんです…。
エリアによる差もあるので一概にはいえませんが、夜キャバであれば大体時給2,500円以上、最高で5,000円に到達するキャバ嬢もいます。

でも朝・昼キャバの場合、時給は最低1,500円からと、かなり落ち込んでしまうようです…。
上限に関しては特に設定されていないみたいですが、夜キャバ並の金額まで時給を上げることは難しいでしょう。
その理由については次の項目でご説明しますね。

2.時給に差が生まれる理由

朝・昼キャバと夜キャバの時給に格差が生まれる理由。
一言で申し上げるなら「朝・昼キャバは夜キャバより売上が上がらないから」なんです。

なぜ売上が上がらないかというと、朝・昼キャバのメインの客層は、大きなお金を落としていかない客層であるということが原因といえるでしょう。
夜キャバのお客様は、サラリーマンや経営者、著名人や実業家といった、「お金を持っている人物が中心」です。

しかし朝・昼キャバのメインの客層は、他のキャバクラの店長さんやボーイさん、ホストといったナイトワーカーや、年金暮らしの高齢者の方が中心になります。
同業のお客様はキャバクラの実態をよく理解されているので、飲み方が綺麗な代わりに勢いで大金を落としてくれるなんてことはまずありません…。
高齢者のお客様にいたっては、そもそも落とせるほどの大金を持っておられないことの方が多いです…。

3.朝キャバ・昼キャバは稼げない?

先ほどの内容を読まれた方の中には、「もしかして朝・昼キャバって損なの?」と勘違いされる方もいるかもしれません。
確かに表面的な金額のみを見てしまうと、そう思われても仕方がないことでしょう。
しかし朝・昼キャバには、夜キャバにはないメリットがいくつも存在しているのです。

夜キャバには無いメリット①余計な諸費用が不要

例えば夜キャバに勤めている場合、帰る際には必ずといっていいほど送迎代が必要になります。
送迎代の相場は、1回につき1,000円から2,000円です。
朝・昼キャバであればお仕事が早く終わるので、こういった余計な諸費用はかかりません!
また夜キャバほどではないといっても、同じ時間帯に他のお仕事をするより、確実に高収入が見込めるお仕事です。

夜キャバには無いメリット②生活リズムが乱れない

そしてなによりも大きメリットは、生活リズムを崩さなくてもしっかり稼げるというところはポイントが高いのではないでしょうか?
朝・昼キャバは新しいナイトワークの働き方といえるでしょう。

  • 1