朝キャバ・昼キャバは、夜キャバとは違う部分が沢山あります。
そのため、お店で働くキャバ嬢の毛色も、夜とはかなり違うみたいです。
この記事では、「どんな人が朝キャバ・昼キャバに向いているのか」をご説明していきますね!

1.朝キャバは特に学生さんにおすすめ

朝キャバは早朝4時からお昼が営業時間ですので、学生さんがアルバイトをするのに持ってこいといえます。
また朝キャバは、夜キャバほどシフトがきつくないので、あらかじめ講義がないとわかっている日をメインにシフトを組めば、特に無理なく働きやすいのではないでしょうか。
朝が弱いという人もいるかもしれませんが、これを機に早寝早起きの習慣をつけられると思えば、むしろ心にも体にも良い影響があるかもしれません!

そして夜キャバほどではないですが、他の普通のアルバイトとは比べられない程の高時給ですので、朝キャバで働くことは全体の労働時間を短くすることにもつながります。
勉強も私生活も充実すること間違いないですね!
またキャバクラは接客そのものがお仕事の内容ですので、将来訪れる就職活動の際、立ち居振る舞いや受け応えの面で、他の就活生に大きな差をつけることができちゃいます!

2.昼キャバは特に主婦やシングルマザーにおすすめ

昼キャバの営業時間は、お昼過ぎから夕方18時頃までとなっています。
この時間帯のメリットを最も受けることができるのは、主婦やシングルマザーの方々です。
普通のお昼のパートと同じ時間帯に働くことができる上、残業が発生しにくい業種なので、家事や日常生活に支障をきたすことがありません。

そしてお子様がいる方にとっては、昼キャバの仕事が一般的な仕事と同じ時間帯に終わるという部分に、特に大きなメリットがあります。
それは「普通の保育園や託児所を利用しやすい」というメリットです。

夜キャバに勤めている場合、深夜保育や24時間預かりをしている託児所に子供を預けることになりますが、当然料金は割高になっちゃいます…。
でも昼キャバに勤めていれば、通常の時間帯にお子様を迎えにいけるので、余計な出費をする必要がありません!

それに普通のパートやアルバイトをするより、昼キャバの方が高時給です。
主婦やシングルマザーの方にとっては、理想的な職場ではないでしょうか。

3.朝・昼キャバは事情のある方やフリーターにもおすすめの職場

夜キャバとは営業時間が違うとはいえ、朝・昼キャバもナイトワークに属するお仕事です。
ですので家族や友人には、内緒で働かないといけないような諸事情を抱えている方も多いと思います。

でもそんな方のために、お店はアリバイ会社を用意してくれていることが多いです。
また彼氏には「アパレルで働いている」などと伝えているフリーターの方も、アリバイ会社があれば安心して働けること間違いなしですね!

  • 1